« 子連れは楽しいと思う!伊勢丹のワンダーエデン・ディスプレイ | トップページ | ただいまクリスマスパーティ用のローストチキンを仕込み中 »

2009年12月18日 (金)

十二月大歌舞伎 野田版「鼠小僧」の興奮がまださめない

先週末、歌舞伎座さよなら公演十二月大歌舞伎夜の部に行ってきました。昼の部では、宮藤官九郎さんの「大江戸りびんぐでっど」、夜の部では野田秀樹さんの「野田版 鼠小僧(ねずみこぞう)」上演と人気の公演ですが、友人がチケットをとってくれました。感謝。

歌舞伎は両手で数えるほどしか観たことがないけれど、でもあのきらびやかで美しくて、芸のために生きている人たちの芸の凄みにいつも感動するのですが、今回の野田版「鼠小僧」はもう感動というより興奮ですね。今週ずっと今もまだ興奮がさめず、舞台を思い出しては「うわーっ、あのシーンもう1回観たい」と反芻しています。

幕があがった瞬間から、ぐいぐい惹きつけられました。野田さんらしい超速テンポでぐいぐい魅せられました。時には聞き取れないぐらい早くて多い台詞まわし、これでもかこれでもかと畳み掛けるベタなのに笑っちゃう笑いツボ、ストーリーが二転三転四転五転するおもしろさ、“善人”を描かないシニカルな視点、野田さんらしさ全開なのに、それでいてちゃんと歌舞伎という、というか歌舞伎役者さんが演じられるからこそのすばらしさを体感した公演でした。

最初、勘三郎さん(棺桶屋三太)のお声があまり出ていない気がして気になりましたが、話題のアドリブネタ繰り出し、どんどんのってこられるのがわかって気持よかったです。七之助さん(おしな)のとぼけた美しさ、勘太郎さん(目明しの清吉)の融通のきかなさすぎるまじめさ、福助さん(お高)さんのBITCHっぷり。そして、なんといっても、扇雀さん(おらん)ですよ。こういう業の深そうなおばちゃんキャラ大好き。すばらしい「キリキリキリキリ〜〜〜〜」を見せてくれました。そういえば、夏に観たコクーン歌舞伎「桜姫」でも気になったのは扇雀さんだったんだよなー。

軽やかなテンポで進むのに、ちゃんとどっしり魅せてくれるのはやっぱり歌舞伎ならではだよというのも感動ポイントでした。

なんとか時間つくってもう1回幕見席で観よう。「キリキリキリキリ〜〜〜〜」観にいこう。そうしよう。

|

« 子連れは楽しいと思う!伊勢丹のワンダーエデン・ディスプレイ | トップページ | ただいまクリスマスパーティ用のローストチキンを仕込み中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49716/47049390

この記事へのトラックバック一覧です: 十二月大歌舞伎 野田版「鼠小僧」の興奮がまださめない:

« 子連れは楽しいと思う!伊勢丹のワンダーエデン・ディスプレイ | トップページ | ただいまクリスマスパーティ用のローストチキンを仕込み中 »