« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月17日 (月)

昨晩の寝かしつけ絵本『よるくま』 #ehon

3歳目前の娘、最近は絵本を読んでもらうだけでなく、自分でお話がしたくてたまらない。「おはなしはじまりますよー。集まってくださーい」(たぶん保育園の先生のマネ)と大きな声でおかんをよびつけて、「はじまるよ、はじまるよ」「おはなし、おはなし♪ 〜お口はチャック、手はお膝、ぽーん」(どうやら保育園で絵本が始まる前の歌らしい)の歌を歌い終えると、おもむろに絵本を開いて、おかんに読み聞かせ。1歳や2歳のはじめの頃よく読んでいた短い言葉の絵本はずいぶんと暗記してまるで読んでいるかのように、ところどころ自分編集しながら、披露してくれます。

だんだんそれでは飽き足りなくなってきて、もっともっとおはなししたい!な気持がもりあがってきたときに出会ったのがこの『よるくま』。「ママあのね…きのうのよるね」 とベッドに入った男の子がママにお話をしていくのが気に入ったようで、最近のヘビロテ絵本です。

お母さんがいなくなったよるくまと男の子が、よるくまのお母さんを捜しに行くお話。「おかあさん、どこいっちゃったんだろうね」「といれにはいないのかなー」「うちもあした、おさかなたべるの?」なんてあれやこれやお話に口をはさみながら楽しんでいます。この絵本に出会ってからは、ベッドにはいって「ママあのね」とひとしきり自分の話をしてから、「『よるくま』読んでー」とおねだりしてきます。

最後の「きょうはおやすみ」で、娘も「おやすみなさい」。寝かしつけにぴったりの絵本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »