« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月19日 (日)

瀬戸内国際芸術祭2010 塩田千春さんの『遠い記憶』 #artsetouchi

1

2

3

4

5

6

7

8

9

8月のさぬき帰省の際に立ち寄った「瀬戸内国際芸術祭2010」。3歳の娘を連れて炎天下の作品巡りは到底無理だろうと考えていたので、芸術祭に行くというよりは、毎年直島に宿泊しているからという理由だけで直島泊を決めた。他の島にあまり立ち寄る気はなかったのだけれど、豊島の塩田千春さんの『遠い記憶』だけは、どうしても観たくて足をのばした。

ギラギラ照りつける太陽の下、その作品はあった。もとは公民館だった建物に、島で集めた廃屋の窓や扉600枚でつくられた作品。ずっとうちに暮らす人々の生活を見守っていた窓や扉のトンネルに足を踏み入れると、ぐわわわんと「過去」に包み込まれる。目をつむって窓や扉がもっている「遠い記憶」に思いを馳せる。

トンネルの入口でたたずむ私を、後ろにいた娘が追い抜き、ずんずん歩き始めた。トンネルのヌケには明るい光と緑。「過去」の自分の「記憶」に包まれて感傷的になってた自分の前に、強烈な「生」のエネルギーを放つ3歳児の「今」と明るいヌケがすぅぅーと前にのびて、自分のなかで「過去」「いま」「未来」がつながった一瞬だった。鳥肌たった。涙でた。「あぁ、生きてるなぁ」と思った。なんだかすごい体験だった。娘とこの作品を一緒に観ることができたことに感謝。

ART iT「些細な思いが呼びさます共通記憶のスイッチ」塩田千春インタビュー素敵。やっぱり塩田千春さんの作品に強く惹かれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

昨晩の寝かしつけ絵本『だっこべんとう』 #ehon

先日、図書館デビューを果たした3歳4ヶ月の娘。図書館の棚からほいほい自分で「これかりる〜」と本を選んでもってくる姿にうれしくなりました。選んだ本を見ていると、文字がいっぱいで物語のあるものと、文字が大きく少なくて絵が大きいものの2種類をセレクトしている様子。これは前者はおかんに読んでもらうもの、後者は自分で読むものと娘の中でも区別していることがわかりました。

文字が大きく少なくて絵が大きいものは、最初の1回をおかんに「読んで」とお願いし、読んでいる最中に一緒に大きな声で繰り返し。2回目からは「じぶんで読むの」と本を開いて大きな声で読んでる風。「あいうえお」はまだ読めないのだけれど、「じぶんで読みたい」のでこの方法を編み出したみたい。大きな声でよみあげているうちにどんどん細かいことばがあいまいになってきて、どんどん省略して短くなってくるのだけれど、このやり方でおかんにもおとんにも、おばぁちゃんにも絵本を読み聞かせてくれました。

そんな彼女のお気に入りの1冊が『だっこべんとう』。「抱っこ」&「おべんとう」と彼女の大好きなものベスト2が組み合わさっているので、もちろん大のお気に入り。おにぎりさんやたこさんウィンナーやトマトさんがおとうさんおべんとうばこに「だーっこ!」されて、ひとつのおべんとうになるというお話です。「だーっこ!」「だーっこ!」と大きな声でページをめくっていき、「おしまい!」と閉じると満足した様子で「寝る」コールがでます。

1歳児や2歳児の読み聞かせ絵本におすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »